単純接触効果で意中の男性を振り向かせる恋愛テクニックとは?

ノンタン
こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです!

こちらでは

・単純接触効果とはどういうものか

・単純接触効果で意中の男性を振り向かせる恋愛テクニック

・単純接触が逆効果になるのはどのような場合か

について考えていきます!

日常生活や婚活中にマッチングした相手で気になる人がいるけれど、どうやって距離を縮めればよいのか分からない…。

そんなときは、単純接触効果を活用した恋愛テクニックを試してみてはいかがでしょうか?

単純接触効果とは、繰り返し接したものに対する好感度が上がる心理的な現象のこと。

つまりできるだけ多くお相手と接する機会を作れば、よりお相手と仲良くできるというわけです。

こんな単純なことで意中の男性と仲良くなれるかもしれないのなら、試さない手はありませんね!

そこで今回は、単純接触効果を活用した恋愛テクニックについて、詳しく書いていこうとおもいます。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

単純接触効果とは?

単純接触効果(ザイオンス効果)とは、何度も繰り返し接すると好感度が高まるという心理的な効果のこと。

例えば、以下のような経験はありませんか?

学校や職場で毎日話す人とどんどん仲良くなる

通勤中に毎日見かける男性のことが気になりはじめる

CMや広告で何度も見かける商品が欲しくなる

何度も聴いていた曲がだんだん好きになってくる

このような、もともと無関心だったものが、何度も見たり聞いたりしているうちになぜか好きになっているという現象は、単純接触効果によるものです。

単純接触効果の起こる理由は、もともと未知だったものと頻繁に接することによって、だんだん恐怖心や警戒心が薄れていくためであるといわれています。

あなたも誰かと会う時に、初対面だと相手がどういう人か分からないので、怖いと感じるし疑いの心も持ってしまうでしょう。

しかし何度も会っているうちに相手がどういう人なのかが分かってきて、この人は安全だ信頼できると、だんだん心を開くようになるのです。

単純接触効果は、対人関係やマーケティングなど、広い用途で利用されています。

そして恋愛のテクニックとしても活用することができるのが、この単純接触効果なのです!

 

単純接触効果で意中の男性を振り向かせる恋愛テクニック!

会って話す回数を増やす!

まずはストレートに、できるだけ多い回数お相手と会って話すことです。

先述のとおり初対面の人にはどんな人か分からないので警戒心を抱きやすいものですが、何度も会っているうちにお互いのことを知ることができ、その結果徐々に心を開いてもらえるようになります。

職場恋愛でカップルが成立しやすいのも、毎日顔を合わせている見知った仲の異性が職場にいることが多いためです。

単純接触効果にはあまり会う時間の長さは関係しておらず、短い時間であってもとにかく多い回数顔を合わせるほうが効果的。

長時間会って話すのが苦手だったり忙しくて時間がなかったりしても、軽く日常の話をするだけでもいいし、なんなら挨拶を交わすだけでもいいのです。

ただここで大切なのは、会う回数を増やすことの目的は相手に自分のことを認識してもらい、自分に対する警戒心をなくしてもらうためだというのを意識すること。

そのためには相手と会うときに、なるべく良い印象を与えるのが大事です。

会うときに不機嫌であったり不愛想であったりする仕草を見せ悪い印象を与えてしまっては、当然お相手の警戒心を強めてしまい逆に距離を置かれてしまいます。

軽い挨拶をするときにも、笑顔親しみやすい声のかけ方を心がけ、話すときには明るくなれるような話題を選ぶよう意識しましょう。

 

 

 

メールやLINEで頻繁にメッセージを送り合う

会う回数を増やすといっても、お互い忙しかったり住んでいる場所が離れたりしていたらなかなか難しいものですよね。

そんなときはメールやLINEなどで、頻繁にメッセージを送り合う習慣をつけましょう

メールやLINEにおいても1回で送る文章の長さはあまり関係なく、とにかく回数を増やすことが大事

むしろ長ったらしい文章ばかり送ると、迷惑に思われてしまう場合があります。

内容はちょっとした現状報告や、日常の話と相槌だけでもOK。

また1日のやり取りする時間を増やすよりも、短いやり取りをできるだけ毎日行うことも大事です。

お相手にあなたのことを思い起こさせる時間を継続的に作っていくことで、いつの間にか習慣的にあなたのことを考えるようになる、といったテクニックですね。

ただ、メールやLINEを返すペースには人によって大きく差があるので、早く返すよう急かしたり返事を待たず何通もメッセージを送ったりするのはNG

あまりお相手の返事がなかったり遅かったりするのに神経質にならず、相手のペースに合わせるようにしましょう。

※メールやLINEにおいての異性への詳しいアプローチ方法は、以下の記事を参考にしてみてください!

好きな男性を落とすLINEでのアプローチ方法!頻度はどのくらい?

またFacebookをはじめとしたSNSや、Twitterでお互いをフォローしあい繋がっておくのも効果的。

そうすれば直接相手にメッセージを送らなくても、日記や呟きを投稿しているだけで相手にあなたのことを見てもらうことができます

直接相手と会話しているわけではないので、返事を送らなくてよい手軽さも魅力ですよね。

 

普段使いできるor飾ることのできるプレゼントを渡す

自分自身と接触させる回数を増やすことはもちろん効果的ですが、自分のことを思い出させるようなものとの接触を増やすことでも、単純接触効果の恩恵を受けることができます。

この効果を利用するには、普段使いできるような、もしくは部屋の見える場所に飾ってもらえるようなプレゼントをお相手に渡しましょう

例えば普段使いするものであれば時計や文房具、飾れるものであれば写真立てやぬいぐるみなどがおすすめ。

普段使いするものなら毎日使うときにそのプレゼントを見ることになりますし、部屋に飾るものならふと目に入るたびにプレゼントを見ていることになりますよね。

そうして送ったプレゼントを見る機会をつくることによって、間接的にあなたのことを思い出させるのです。

別れた相手からもらったものを捨てられず、それが目に入るたびに元カレ・元カノのことを思い出してしまうのと同じ原理ですね。

特にどこにでもあるようなシンプルなものよりも、デザインが特徴的なものがおすすめ。

その方がパッと目に入りやすく、頭にも残りやすいですからね。

お相手のお誕生日などのお祝いに、さりげなくそういったプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか?

 

単純接触が逆効果になることも

単純接触効果は確かに普遍的な心理的現象ではありますが、ときには逆効果になっってしまうパターンもあります

まずあなたに対するお相手の最初の印象がマイナスだと、単純接触効果のテクニックを用いても、なかなかプラスの印象に変えることは難しいです。

あなたにも嫌いな人が居たとして、その人と何度も顔を合わせたり連絡が来たりしても、鬱陶しいと感じるだけですよね。

このように悪いイメージを持っているものに何度も接触すると、かえってマイナスな印象をどんどん増幅させてしまい、逆に嫌われてしまうのです。

そのため単純接触効果のテクニックを使うのは、あなたに対して少し好感を抱いているか、意識していない無関心な状態の相手にするのが良いでしょう。

また、会うことを繰り返しているうち知らず知らずのうちに相手に自分の嫌な部分を見せてしまっており、それを繰り返すことでさらに嫌な部分が目につくようになってしまうというパターンもあります。

それを防ぐためには、お相手と仲良くなるまではできるだけマイナスな印象を与えず、プラスの印象を与えるよう心がけるのが大事です。

これは何も自分を偽れというわけではなく、自分の明るい良い面をより見せるように意識をするということ。

確かに深い仲になれば自分の好ましくない面も知ってもらう必要はありますが、それはある程度親しくなってから少しずつお互いに知っていけば良いことです。

最初の仲良くなるまでの段階は、とにかく相手に自分と居ると快適だと思わせることを心掛けましょう。

 

単純接触効果を活用して意中の相手と親しくなろう!

頻繁に会う・こまめにメールやLINEを送る・普段目につくようなプレゼントを贈る…これらのどの方法においても、相手にあなたのことを認識させる機会を増やすことが、単純接触効果を活用した恋愛テクニックにおいては重要。

意中の相手に好きになってもらうにはまずあなたについて知ってもらい、警戒心を解いて仲良くすることからはじめましょう。

ただ単純接触効果のテクニックは、相手を惚れさせるというよりは、相手と親しくなるまでの段階において活用できるもの。

そこからさらに恋愛感情を持たせるには、もうワンステップ上のアプローチが必要かもしれませんね。

※アプローチ方法は以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください!

意中の男性を落とす言葉とは?心理学に基づくおすすめのセリフ紹介!

ここまでお読みいただきありがとうございました。ノンタンでした。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です