【雑記】恋愛感情とはなんだろう?恋の定義とは?

こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです!

今回もなんとなく疑問に思ったことを、雑記という形で書いていこうとおもいます。

 

私は性別や恋愛に対して興味があるのでこうして恋愛や結婚についての記事を書いたり創作をしたりしているわけですが、たびたびこういった疑問が頭をよぎります。

そもそも、恋愛とは何なんだろう??

恋とか恋愛とかいう話題は日常生活でよくしますし聞きますし、まるで皆が恋愛とは何たるかを知っていて当然のような気分になっていますよね。

しかし恋とは、恋愛感情とは、恋愛関係とはどういうものか、あなたはすぐに説明できるでしょうか?

ふたりの人物の関係性が恋人同士だと思ったとき、どのような定義でそれを判断していますか?

お互いのことを好きだと思っていたら?いつも一緒にいたら?性的な関係を持っていたら?

街で手を繋いでいるふたりの人間を見かけたらつい恋人同士なのかなと思ってしまいますが、その根拠はどこにあるのでしょうか?

結婚については恋愛感情の有無に関わらずしたいと思った相手としていいと思っているので、恋愛感情というものを経験したことがなくて分からない…こんな自分じゃ結婚できないのかな…と悩む必要はないかと思います。

ただ純粋に何をもって恋愛は恋愛といえるんだろう…と気になったのであれば、わたしと一緒に考えてみませんか?

※恋愛感情の有無と結婚については以下の記事も覗いてみてください!

好きという感情がわからない!恋愛感情なしでも結婚ってできるの?

 

 

goo辞書には恋について、「特定の人に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。」と書いています。

心理学などでの恋愛感情は、性的欲求を基とした、特定の誰かに抱く高揚感、身体・精神的な接触を持ちたいという欲望といった具合に定義されていることが多いです。

前回書いた性別や生殖の話と繋げると、ヒトのオスメスそれぞれが生殖活動を有利に進めるために備えられた感情や欲望が恋といえるかもしれません。

そして恋は、特定の誰かをかけがえのない存在だと思う、大事にしたいと思う「愛情」とは、また少し異なる特殊な感情と分けて考えられています。

このように恋愛感情は特殊で複雑な感情で、ひとことでは説明できない複数の要素で構成されています。

恋愛感情を構成する要素としては、以下のものがよく挙げられるでしょう。

・好きだと思う(好意)

・ドキドキする、頬が赤くなる(生理的興奮)

・キスやセックスがしたい(性的欲求)

・いつも一緒にいたい(接近欲求)

・ふたりきりでいたい(排他的欲求)

・ひとりじめしたい、嫉妬する(独占欲)

・相手のために尽くしたい(奉仕欲)

彼のことを考えるとドキドキが止まらない、ずっと一緒にいたい、離れたくない、彼とふたりっきりでいたい、他の女の子と仲良くしてると嫌だ、彼のためならなんだってしたい…

確かにどれも恋愛がテーマとなったドラマや漫画にありがちな感情描写ですよね。

しかし、これら全ての要素がないと、恋愛感情とはいえないのでしょうか?

または、この中からいくつかの要素が漏れていても、恋愛感情といえるのでしょうか?

好きという感情やドキドキがあっても近づきたいとは思わない、むしろずっと遠くから見ていたい…そんな感情は恋と呼べるでしょうか?

また彼と一緒に居たいしキスもしたいけど、彼が他の女の子と仲良くしていても嫉妬は感じない、という場合はどうでしょうか?

彼とずっと一緒に居たいし人生を共にしたいけど、キスやセックスはそこまでしたいとは思わない場合は?

そう聞かれると、うーん…どうだろう…と考え込んでしまうという人も多いかとおもいます。

それほどに私たちの普段認識している恋愛に対しての定義づけは、思っているより曖昧なのかもしれません

 

考えれば考えるほど、曖昧さが浮き彫りになって明確な定義がどんどん分からなくなる「恋愛」。

分からない、難しいものだからこそ、恋愛はこれほどに私たちの興味や関心をくすぐるのかもしれませんね。

でもまあ言ってしまえば、そこまで難しく考えなくても、当事者が自分たちは恋人同士だ!と言えるなら、それで良いのではないでしょうか。

ただ第三者の立場から、仲の良いふたりを勝手に「あのふたりは恋人同士だ」と決めつけてしまうのは避けたいところですね。

これからも恋愛や結婚に関する記事を書きながら、恋愛とは何ぞや?という疑問はずっと持ち続けていきたいとおもいます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ノンタンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です