結婚はしないといけないものなのかな?自分に結婚は必要か考えよう

 

ノンタン
こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです!

こちらでは

・結婚はしないといけないものなのか

・結婚の必要性を考えることの大事さ

について考えていきます!

 

自分の年齢が30代に近づくと、友達や知り合いがどんどん結婚していったり、親戚から結婚をせかされたり、どうしても結婚というものを意識するようになりますよね。

その一方で、世間の「結婚しないといけない」という風潮に悩まされたり、堅苦しさをおぼえる機会も増えるでしょう。

でも、果たしてほんとうに、結婚はしないといけないものなのでしょうか?

結論から言いますと、これに対しての私の見解は「NO」です。

どんな生活様式が快適なのか、どんな人生に幸せを感じるのかは人それぞれ。

結婚はそのうちのひとつの選択肢に過ぎないのです。

ただ、ここで「じゃあ結婚しなくてもいいんだ!自分は一生独身で生きていこう!」とお考えになったそこのあなた、ちょっとお待ちください。

結婚しないことも確かに立派な選択肢のひとつなのですが、実際には結婚しないで独身で生きていくには大変なこともあります

結婚しない人生を選ぶには、まずそのデメリットを知り、それを受け入れる必要があるのです。

逆にいうと、結婚をすることでお互いの生活が楽になるケースもたくさんあります。

結婚を自分に合わないものだと決めつける前に、まずは結婚とはどういうものなのか、結婚は自分にとって必要なものなのかどうかをじっくり考えてみましょう。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

 

結婚はしないといけないものなのかな?

結婚という概念は大昔から存在していましたが、昔の日本での結婚は愛の形というよりは、家の繁栄のためという利益ありきの制度でした。

例えば大奥のような、一夫多妻制の将軍家を想像してみると分かりやすいかとおもいます。

昔は家の存続が重要視された時代だからこそ、結婚という制度が当たり前のものとして成り立っていたのです。

しかし現在は家よりも、個人のありかたが重要視される時代になっています。

そんな中で結婚し家庭を持つことだけが人生のありかただと考えるのは、実に非効率で時代遅れだといえるでしょう。

確かに世間にはまだ結婚しなければならないという固定概念が残っていますが、それに振り回される必要は一切ないのです。

結婚はしてもいいししなくてもいい、夫婦で生活してもいいし、一人暮らしでもいい、親や兄弟姉妹と暮らしてもいいし、友達同士で暮らしてもいい

そんな多様性が認められる世の中になって欲しいと専業主婦である私もおもいます。

しかし先ほど書いたように、結婚自体は悪いものではありません。良いこともたくさんあります。ただ結婚を強要する風潮が良くないだけなのです。

このようなことも踏まえて、次はあなたにとって結婚が必要なものなのかどうかを考えてみましょう!

結婚生活を想像してみよう!

まず自分にとって、どのような生活が最も快適なのかを考えてみましょう。

いかなる生活をするにあたっても、生きていくためには衣食住、それを確保するためのお金が必要になります。

お金を稼ぐためにはサラリーマンとして外に出て働くか、自分でビジネスを立ち上げる必要がありますよね。

そしてお金で生活に必要なものを手に入れたら、食べ物を美味しく食べるための料理、衣服を清潔に保つための洗濯、住んでいる場所を快適な空間にするための掃除や整理整頓といった、家事も行わなければなりません。

あなたはこれら全てを自分たったひとりでこなすか、誰かと分担して行うか、どちらの方が楽だと思われるでしょうか。

このような書きかたをすると、後者の方が楽に決まってるだろうと思われるかもしれませんね。

これこそが、結婚したときに得られるメリットのひとつ。

自分の世話を全て自分自身でするのはなかなか骨の折れることですが、ふたりで住む場所を共有して仕事や家事を分け合えば、ひとりぶんの作業量はかなり軽減されるのです。

一人暮らしでもじゅうぶん生活していけるという方ならそんなことを考える必要もないかと思いますが、多くの作業量を一人でこなすことができない私のような方にとって結婚は大きな救いとなるでしょう。

ただ、結婚していない人が必ずしも一人暮らしというわけではありません。

両親と実家で暮らしている場合は、家事は親に任せているという方も多いでしょう。

しかし両親は、あなたが生涯を全うするまで面倒を見てくれるわけではありません。

また両親と仲が良い場合は問題ありませんが、仲が悪かったり価値観が合わなかったりしたら、そのような中で共同生活を続けていくのは大変ですよね(私の場合がそうでした)。

それでも自分ひとりで生きていくのは難しい…そんなときに助けになってくれるのがパートナー、すなわち結婚相手なのです!

もちろん結婚という形にとらわれなくても、結婚しないまま彼氏と同居する、友達や兄弟と一緒に暮らすなどといった選択肢もたくさんあります。

ただ現状では、結婚した夫婦のほうが様々な制度に恵まれているのも事実です。

 

また普段ひとりで過ごすのが快適なのか、それとも誰かと一緒に過ごすのが快適なのかも人によって異なるでしょう。

常にひとりだと不安で寂しくて仕方ないという人もいるだろうし、誰かと一緒だと落ち着かないという人もいるだろうし、感じ方はそれぞれです。

誰かと一緒に過ごす方が好きな方にとっては、いわずもがな結婚相手と生活を共にできることはメリットとなります。

一方ひとりで過ごす方が快適な方にとっては、結婚は窮屈で息苦しいものだと感じるかもしれません。

このことも含めて、自分に結婚生活が合うか合わないかを考えてみてもいいかもしれませんね。

ただ、結婚しても常にパートナーと一緒に居なければならないわけではなく、必要なとき以外は別々に過ごすこともできるので、ひとりが好きだからといって必ずしも結婚が向いていないわけではありません

そこらへんは、パートナーとの価値観の一致が大事になってくるでしょうね。

 

※もっと具体的に結婚生活について考えてみたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

結婚することに利点はある?結婚生活のメリットとデメリットを知ろう

 

自分に結婚は必要なのか考えてみよう!

なんだか具体的なことばかりだな~と思われたかもしれませんが、こういった結婚している・していない場合の生活様式を具体的に想像したうえで、自分にとって結婚が必要なものなのかどうか考えることは、とても大事なことです。

加えて、自分はひとりの方が好きだから、人に好かれないから、結婚には向いていない、という思い込みも一旦忘れてみましょう

私自身も、ひとりで居ることの方が好きだしコミュ障だしモテない喪女だしで、子どもの頃からずっと結婚願望なんか一切ありませんでした。

でも仕事が嫌いでどんくさくて、ひとりで生活するために必要なことを全てこなすスキルはないし、一人暮らしはちょっと怖いしで、何となく居心地の悪い実家でずっと暮らしていくのかな…親が居なくなったらその後はどうしよう…と漠然とした不安と未来への絶望感を抱えながら生きてきました。

しかしそれでも今は気の合うパートナーとの出会いに恵まれ、結婚し、仕事と家事を分担しながら、普段はそれぞれひとりで自分の趣味を楽しみ、たまに一緒に遊んだり出掛けたりする、とても快適で幸せな生活を送っています。

共同生活が苦手だったら結婚できないなんてことはありません!お互いの条件や価値観が一致している相手を見つけられれば、幸せな結婚生活を送ることも十分可能なんです!

結婚しないといけないという固定概念に縛られる必要はありませんが、自分に向いてないからといって結婚を諦める必要も全くないのです!

結婚が必要ならば婚活をしよう!

でもこの人となら人生を共にしたいという相手が居なかったら、そもそも結婚なんてできないのでは?と思われるかもしれません。

それなら今からでも、そう思える相手を探しはじめればよいのです!

結婚したい相手がいるから結婚するというケースは確かに多いですが、結婚したいからこそ今から結婚できる相手を探すのも全然アリなのです!

以上に書いたことについてじっくり考えてみて、今の自分の生活がもしかしたら結婚することによってより良いものになるかもしれないと感じられたのなら、結婚が自分にとって必要なものであると思われたのなら、今そのような相手が居なくてもこれから積極的に探すことをおすすめします!

条件の一致した結婚相手との出会いはそう簡単に見つかるものではありません。行動せず出会いを待っているだけだと、完全に効率の悪い運ゲーです。

積極的にこちら側から求めていかないと、いつまで経っても出会いに恵まれないままかもしれませんよ!

ガツガツ婚活するのはしんどいというのなら、少しずつ、自分に合ったペースで良いのです。

もし相手が見つかったとして恋愛感情が付いてこなくても、相手と一緒に暮らしているうちに後から愛情が湧いてくるなんていうケースもたくさんあります(恋愛感情の有無と結婚については別の記事で詳しく書きますね)。

結婚はしないといけないわけではないけど、必要ならば諦めるのはまだ早い

これが今回のタイトルに対する私、ノンタンの答えです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です