彼氏に不満が言えないのは別れる原因?不満の上手な言い方!

ノンタン
こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです!

こちらでは

・彼氏に不満を伝えることがなぜ必要なのか

・不満の上手な言い方

について考えていきます!

付き合っている彼氏に不満があるのだけれど、黙っておいた方がいいのか言った方がいいのか、言うにしてもどう言えばいいのか分からず悩んでいるというあなた。

不満を伝えるのは勇気の要ることですし、もしかしたら嫌われるかも…別れる原因になってしまうかも…と思うと怖くてなかなか言い出せませんよね。

でも彼との関係をより深めたいという意志があるのなら、納得いかないことは伝えていかないと前に進むことはできません

それがポジティブなことであってもネガティブなことであっても自分の気持ちはちゃんと伝える、これは結婚したあとにも必要になってくるスキルです。

そこで今回は、彼氏に不満を伝えることがなぜ必要なのか、そして不満の上手な言い方について考えていきましょう!

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

彼氏に不満が言えないのは別れる原因?

まず不満を言うか言わないか以前に、彼氏に不満を感じてしまう自分が悪いのではないか、不満を感じてしまうなんて彼氏とは相性が悪かったんじゃないかと考えてしまう方も多いでしょう。

確かに、まだ彼と出会ったばかりなのに短所ばかりが目立つという場合は、もしかしたらあなたとは気が合わない人なのかもしれません。

しかし、彼との付き合いも長くなってきたし関係も深まってきたのなら、細かい価値観の違いから不満が生まれてしまうのは仕方のないことです。

彼氏と自分は違う人間なのですから、違うところがあっても当たり前ですよね。

そのため彼氏に不満を感じたこと自体に、そこまで不安を抱く必要はありません。大丈夫、それが普通です。

 

大事なのは、不満を感じたときにその不満をどう処理するか

嫌われたくない、喧嘩したくない、別れたくないという気持ちから、彼への不満が言えずストレスを貯めてしまうという女性も多いかとおもいます。

普段から人間関係を円滑に進めるのが苦手な私たちのようなコミュ障だと、どう不満を言えば良いかも分からないし不安感も募るので、特にその傾向は強いでしょう。

しかし、黙っていても不満はなくなるものではありません。

まずは彼に伝えないと不満があること自体を知ることができないし原因が改善するきっかけもないので、ずっと不快な思いをさせられる場面が続くことになります。

それをあなたは、ずっと我慢し続けることができますか?

不満を貯め込みすぎるといつか爆発して、本望でない形で不満を相手にぶつけてしまうことになりかねません。

むしろそうなる方が、嫌われたり別れたりするリスクも高くなることは想像できますよね。

また不満を伝えることを怠り、少しでも価値観の相違や不満を感じたらすぐに別れるというのも考えもの。

お互いに不満を言い合わず、不満を感じた相手とはすぐ別れるということを繰り返していては、いつまで経っても誰かと関係を深めることはできません

特に将来結婚を考えている相手なら、共同生活をお互いにとってより快適な環境にしていくために、不満を伝えなければならない場面は必ず出てきます。

それならお付き合いをしているうちから、上手に不満を伝える練習をしておいた方が良いのではないでしょうか

不満を正直に伝えるのは怖いという気持ちも分かります。結婚して数年になる私も、相手に不満を伝えるときには慎重になります。

でも、なるべく相手が冷静に受け止められるような不満の言い方を選べば大丈夫、きっと彼も理解してくれるはずです。

だからこそ次の項目で、上手な不満の言い方について考え学んでいきましょう。

 

不満の上手な言い方とは?

話す前に何が不満なのかをはっきりさせておく

不満を言う前に、具体的に彼のどんなところに不満を感じているのか、自分自身の気持ちを整理してみましょう

どうして不満を感じているのかハッキリしないまま、不満に感じているという気持ちだけをぶつけてしまうとどうなるでしょうか。

彼からしてみればなぜ不満を感じているのかどうしたら改善できるかも分からないのに、マイナスな感情だけぶつけられても困りますよね。

「じゃあどうすればいいのさ!」と反発してしまう気持ちも分かります。

特に男性は女性よりも、原因があって結果があるという、論理的な話の進め方をしたい傾向にあります。

そのためあなたの不満の原因や、不満を改善するための方法が分からないまま感情だけぶつけられるとストレスを感じやすいのです。

そして何に不満を感じているのか見つめなおすことができたら、その不満に思っている内容のことだけを話すようにしましょう。

「じゃあ僕はどうすればいいの?」と訊かれたときに、「○○してくれると嬉しい」とハッキリ答えられるようにしておくとより良いでしょう

そのとき話題にしている不満の内容とは関係のないことや、過去のことを引っ張り出して話すのはNG!です。

ネガティブな気持ちになると他の不満がつられて出てきてしまうのも分かりますが、聞いている側にとっては話題を逸らされ延々と不満を言われ続けてはたまったものじゃありません。

「今はその話は関係ないだろ!」と言い返されても仕方がありませんね。

 

相手の心に余裕があるときに言う

不満を言うときには、いつどこで、どういうタイミングで伝えるのかも大事です。

自分が忙しかったり疲れていたり、イライラしたりしているときに不満をぶつけられても、「何で今そんなこと言うの!」と反発したくなっちゃいますよね。

それと同じで彼が忙しかったり疲れていたりするときに不満を言っても、冷静に受け取る余裕がなく聞き流されたり反発されたりしてしまうことが多いです。

そのとき瞬間的に感じた不満ならまだしも、普段から感じていてずっと言えずにいた不満を相手に余裕がないときに言うのは、さすがにタイミングが悪すぎるというか、弱っているところに追い打ちをかけるようでずるいというのは理解できるかと思います。

そのため不満は彼ができるだけ元気なときだったり上機嫌なときだったり、心に余裕がありそうなときに言ってみるようにしましょう。

そうすれば、彼もきっと落ち着いて素直に不満を受け止めやすくなるでしょう。

楽しい気分のときに不満を言って場の雰囲気を悪くしたくない気持ちも分かりますが、彼が冷静でないときに不満をぶつけ拒絶されてしまうよりはずっとマシなはずです。

 

相手を責めるような言い方はしない

何で○○してくれないの!」「いつもあなたが○○だから!」とあたかも彼が全部悪いかのような言い方をするのはNG

誰だって全部自分のせいにされたら、「お前にだって悪いところはあるじゃないか!」と言い返したくなり、素直に不満を受け入れるどころではなくなってしまいますよね。

そもそも、彼が100パーセント悪いなんて、あなたに言い切れるものなのでしょうか?

不満を伝えるときにはなるべく誰が良くて誰が悪いという意味合いは含めず、ただこのことに“私が”不満を感じたという事実のみを伝えるようにしましょう。

例えば何かをしてもらえないことに不満を感じたのだとしたら、「どうして○○してくれないの」「あなたが○○してくれないから」と言うのではなく、「○○してくれなくて悲しかった」と、事実とそれに対する自分の気持ちだけを表現するように心がければOKです。

特に、何でどうしてという相手に答えを強要するような不満の言い方は、より責められていると感じやすいので出来るだけ避けること。

自分がどう思ったかを伝えることができたら、それ以上は責めない、相手からの言葉や反応も求めないことを守りましょう。

あなたの不満を聞いて彼がどうするかは彼自身の自由。それで嫌なところを直してくれればそれに越したことはありませんし、納得がいっていないようならゆっくりお互いの妥協点を探していけば良いし、それでもどうしてもお互いに譲れないならそのときに別れるかどうかを考えれば良いのです。

 

上手に自分の気持ちを伝えよう!

何が不満なのかをはっきりさせ論点をずらさない、相手に余裕があるときに伝える、事実と気持ちだけを伝えて相手を責める言い方はしない、これらを守れば彼と冷静に正確に不満を伝えあえる関係を築いていけるかとおもいます。

慣れないうちは相手に不満を伝えるのにも、気持ちの整理などといった準備が必要だということですね。

しかしいくら気をつけていても、つい感情的になってしまったりキツい言葉をぶつけてしまったりということもあるでしょう。

完璧にはなれない違う人間同士が長い時間を共にするのですから、ある程度は仕方のないことです。

でも、クールダウンしたあとにあのときはやっちゃったな~と感じたのなら、そのときに相手に謝ることができればそれで良いのです。

失敗を恐れ何も言えずにいるよりは、失敗をしてもすぐに反省しそれを伝えるほうが、きっと彼との仲を良くしていくことができると思いますよ!

ここまでお読みいただきありがとうございました。ノンタンでした。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です