緊張しすぎてデートに行きたくない…デートで緊張しない方法とは?

ノンタン
こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです!

こちらでは

・なぜデートで緊張しすぎてしまうのか

・デートで緊張しない方法

について考えていきます!

ようやくできた念願の彼氏または婚活のマッチング相手と、人生はじめてのデート!

でも行く前から緊張しすぎて、デートに行きたくなくなってしまいそう…というあなた。

新しくできた彼氏との初デートは誰でも緊張してしまうもの。それが人生ではじめてのデートであるならなおさらです。

そのためある程度は緊張していても心配することはありませんが、緊張しすぎると体調が悪くなってしまうこともあるので、できることなら少しでも和らげておきたいですよね。

緊張は自分の気持ちを冷静に見つめそれを対処することで、大きく改善することができます。

そこでこちらの記事では、どうしてデートで緊張しすぎてしまうのか、デートで緊張しないためにはどうすればいいのかについて考えていこうとおもいます!

 

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

 

どうして緊張しすぎてしまうの?

誰でもはじめてのことに挑戦するときは、多少なりとも緊張するもの。

しかしあまりに緊張しすぎると吐き気や腹痛など身体的な不調が現れることもあり、デートの妨げになってしまう可能性があります。

デートに行く前からすでに緊張しすぎて、食べ物が喉を通らない…気分が悪い…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった体調不良を伴うほどの極度の緊張で、デートに行きたくない、または行きたくても行けないと悩む人も多いそうです。

実際に「デート 緊張」などでインターネット検索をかけると、そういった悩みを持った方たちの声や質問を驚くほどたくさん見かけました(私自身はデートであまり緊張しないタイプだったのでビックリです…)。

身体の具合が悪くなってしまうほどの緊張はさすがに困りもの。できれば少しでも緊張をやわらげたいところですよね。

しかし、そもそもなぜ自分は緊張してしまっているのか、原因が分からなければ対処のしようもありません

なぜだかよく分からないけど緊張する~!という緊張している事実だけを反芻すると、どんどん緊張が高まっていくばかりの悪循環に陥ってしまいます。

そこから抜け出すために、まずは自分が緊張している具体的な理由が何なのかを考えてみましょう

緊張する理由は人それぞれですが、大まかには以下のような理由が多く挙げられるかとおもいます。

・経験が無いor少ないためデートに慣れていない

・相手に気に入られなければならないと思っている

・失敗したらどうしようという不安がある

脳は新しい物事を目前にすると普段よりストレスを感じ、それによって交感神経が優位になり心拍数や血圧の上昇・発汗などといった、いわゆる緊張している状態を引き起こします。

このように初デートのような未経験のことをするときには、緊張するように身体のシステムができているのです。

未知の場所や物体を警戒する本能は生きものにとって必要なものですが、それが強すぎて逆に私たちを困らせてしまうわけですね。

それに加えて○○しなければならないという義務感失敗に対する不安感があると、さらにストレスや緊張感が高まります

たとえば仕事をしているときに、うまくやらなければならない…でももし間違えたらどうしよう…という義務感や不安感が強いと、もちろんストレスや緊張が高まりますよね。

それと同じような心の動きが、デートをする際にも起こってしまっているわけです。

吐き気や腹痛などの身体の不調も、このストレスで交感神経が優位になり過ぎて起こるもの。

リラックスして副交感神経が優位にならないと、身体を休ませたり食べ物を消化させたりする体の状態を作ることができないので、食べ物が喉を通らなかったり吐き気や腹痛が起こったりするのです。

ではこういった緊張の原因は、どう対処すれば和らげることができるのでしょうか?

 

デートで緊張しない方法とは?

緊張している自分を受け入れる

先ほども説明したように、未知の物事に対して緊張するのは身体の正常な反応。

誰しも程度の差はあれど、今までに経験のない新しいことを始めるときは、勝手が分からず緊張してしまうものなのです。

その緊張を払拭するためには、慣れるまで何度かその経験を積み重ねる必要があります。

逆にいえば慣れるまでは完全に緊張を無くすということはとても難しいので、多少は緊張して当たり前なんだと思っておいた方が良いでしょう。

このように自分の緊張している状態を冷静に分析できれば、別に緊張してても当たり前なんだ大丈夫なんだと、少しだけ安心を得ることにもつながりますよ。

またあなた自身だけでなく、お相手にとってもあなたとのデートは初めてなわけですから、お相手もきっと緊張していることでしょう

緊張しているのがお互い様なんだと思うと、ちょっとホッとするというか、救われるような気がしませんか?

それにデートの際には余裕な態度でいるよりは、少しは緊張している方がお相手の男性にかわいいと思われやすい、好印象を与えやすいという傾向もあります。

男性はしっかりした女性よりも、ちょっとオドオドしていたり抜けていたりする女性に対して、より保護欲が掻き立てられるもの。

確かにあまりにも余裕そうだと、逆に経験豊富なのかなと勘ぐってしまう気持ちも分かるかもしれません。

そのため緊張することは悪いことではない、むしろ良い結果に繋がる可能性もあると、緊張している自分を受け入れてあげましょう。

 

慣れている場所やシチュエーションを選ぶ

未知の物事に対して緊張をおぼえるということは、初デートという状況以外にも大きく反映します。

初めてのデート…初めての場所…初めてのシチュエーション…と初めての事柄をさらに積み重ねると、そのぶん緊張もより高まってしまうのです。

たとえば初デートが高級なレストランでのお食事だとしたら、デートも初めてだし高級なレストランにも慣れていないしで、ダブルで緊張することになってしまいます。

そのためデートに慣れるまでは、自分の慣れ親しんでいる場所を選んでそこで会うようにするのがおすすめ。

高級レストランよりも普段から利用している行きつけのお店でデートをする方が、緊張は少なくて済むというわけです。

また男性とふたりで会話をする、向き合って話をする、ふたりきりで過ごすということに慣れていないという方も多いかとおもいます。

そのためうまく話ができるか心配というときは、映画館など会話をあまりしなくても楽しめるデートスポットを選ぶのが良いでしょう。

またドライブや人の少ない場所などふたりきりになるシチュエーションを避け、多くの人で賑わっているところを選ぶのもひとつの手ですね(防犯という意味でも有用です)。

他にも会話が途切れると気まずくなるのを避けるために、時間を長くとりすぎず早めに切り上げる移動時間が少なくて済む場所にするなど、いろんな工夫ができると思いますよ。

また、自分と雰囲気・性格・価値観が大きく異なる相手だと、それも新しいものと認識され緊張に繋がることがあります。

もしどうしても自分と違うタイプの人とうまく接せないのなら、できるだけ自分と似た雰囲気や趣味を持っているマッチング相手を選んでみてはいかがでしょうか。

 

デートのシミュレーションを繰り返す

デート当日の待ち合わせからお別れまでの一連の流れを、具体的に想像するのも効果的。

デートの当日になるまで、脳内シミュレーションを何度も何度も繰り返してみましょう

すると実際にはまだデートは終わっていないのに、既に経験したことだと脳が思い込むようになります。

このようにデートを疑似体験することで、はじめての事ではないと錯覚させ、緊張をやわらげることができるのです。

しかしこのとき、デートで失敗したり辛い気持ちになったりすることばかり想像してしまっては逆効果。

デートが自分の望んだとおりの展開になったり、自分がデートを楽しんでいたりする想像をするようにしましょう。

これは緊張を和らげるためのシミュレーションなので、デート当日に想像した通りになる必要はありません。

ただ前もってできるだけ具体的にいつどこに行って何をするか計画しイメージしていれば、そのぶん分からない部分も減り緊張がおさまるだけでなく、デート当日も上手くいきやすくなりますよ!

 

自分を偽ろうとしない

相手に好かれなければならない、嫌われてはならないという思いが強いほど、緊張も高まります。

嫌われてはならないということはすなわち失敗してはならないということで、それがもし失敗したらどうしようという不安にも繋がるのです。

彼のことが好きで好きでたまらない、どうしてもお付き合いがしたいという願望が強いと、好かれなければという気持ちも湧きやすいかもしれませんね。

また相手に気に入られるため普段とは異なる良い恰好をした自分を演出しなければならないと思うほど、さらに緊張は強くなります。

しかし考えてみてください。

たとえ相手に気に入られるためとはいえ、緊張しすぎてしまうほど無理に本当の自分を偽る必要があるでしょうか?

確かに相手に好印象を与えるためには、多少のオシャレや最低限の気遣いは必要です。

相手がタイプの男性だったりデートをする機会が少なかったりすると、どうしてもこの人に好かれたい好かれなければならないと思う気持ちも分かります。

ただ、デートは相手に気に入られるためというよりは、お互いの相性を確かめるための機会であるということを忘れないでください。

生涯を共にする相手を見つけたいと思うのなら、いずれは自分のありのままの姿を相手に知ってもらう必要があります。

そのため自分を偽ってまで相手に気に入られようとするのは、本来の目的からそれているともいえるのではないでしょうか。

普段の自分を知ってもらってそれで相手に嫌われてしまったのなら、それはただ偶然相手との相性が良くなかっただけ

そんなときは自分を偽るよりも、あまりひとりの男性にこだわりすぎず、自分が素直でいられるような別の相手を探す方が、恋愛や結婚は上手くいきやすいと私は思います。

私自身も今の夫は付き合う前からなんとなく安心できる素の自分でいられる相手だったからこそ、デートも楽しかったし結婚してからも上手くいっているのだと感じています。

良い恰好をするのではなく普段の自分を知ってもらおう、そして相手がどんな人かを知ろうという気持ちでデートに挑めば、緊張も少なくて済みますし、きちんとお互いの相性を確かめることもできますよ。

それでも緊張してしまうときは、素直に緊張していることを相手に伝えてみましょう

そうすればオドオドしたり言葉に詰まったりしてしまっても、緊張しているからなんだなと分かってもらっているので、相手にも受け入れてもらいやすくなります。

それならちょっと失敗しちゃっても、大丈夫かもと思えますよね。

実はデートをするのはあなたが初めてで…とても緊張しています」なんて言われたら、お相手は嫌な思いをするどころかむしろキュンとしてしまうかも…?

さらにあなたが緊張していることを素直に伝えることで、「実は僕も緊張していて…」と相手側も同じ気持ちだということを伝えやすくなるかもしれませんよ。

 

デートのときは緊張しても大丈夫!

もしかしたら将来の旦那さんになるかもしれない人とのデートなのですから、ある程度は緊張してしまっても当たり前。

まずは緊張している自分を、それでいいんだよと認めてあげましょう。

あとは慣れ親しんだ場所をデートスポットに選んだり、デートのシミュレーションを繰り返したり、緊張が和らぐ工夫をすればきっと大丈夫!

無理に良い恰好をしようとせず、普段の自分を知ってもらおうという気持ちで、デートに挑んでみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。ノンタンでした。

 

★オススメ婚活サイト・アプリ紹介はこちら!★

30代アラサーにおすすめ!安全な婚活サイト・アプリランキング

pairs ゼクシィ縁結び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です